Top / CPUの挙動について【news】ゲーム情報の提供や編集でゲーム代が無料に!

CPUの挙動について

基本 Edit

  • デッキは存在するが「手札」が存在しない
  • 場の状況に合わせて補正されたカードを場に出す。
  • 「~絶対発動」等のプレイヤースキルは使えない
  • BETしない
  • 基本的に順目を出すためストレートになりやすい。
  • 2手目が初手カードの楽ストレート範囲外の低い数字だった場合、低い方に合わせてくる。
  • 早出しする。

ダンジョン(コロシアムとも共通) Edit

場に出されたカードを参照し、役ができるように操作されたカードを場に出す
このため、CPUが3人以上かつ、残り二人のプレイヤーの順が最後になった場合ミニストレート以上が確定する。
場に出ているカードがたとえば「A・4・7・J」のような完全なバラけ目の場合にCPU順が回ってきた場合はどれかの数字を必ず出すため、CPUが最後の順になった場合はこんな状況でも必ずワンペア以上が確定になる。
また、フォーカードとフルハウスの2択の場合はフルハウスを優先する。
現在はストレートを優先し、初手にAは出さない仕様になっている。



【2手目CPUの挙動】
(1)場のカードの-1 or +1の数字を出す
(2)場のカードと同じ数字を出す
→どちらの場合も3手目以降により異なるが基本は出した数字より大きな数でのストレートを目指す
(3)1手目が「K」or「A」の場合は「Q」や「J」を出さない
→「K」or「A」を出して「K・A」or「K・K」or「A・A」にする

【プレイヤー2手目&以降全員CPUの場合の挙動】
→「より小さな数字基準でのストレートを仕上げるべく場より大きな数字を出す」

  • 1手目「10」プレイヤー2手目「3」の場合、「3・4・5・6」のストレート
  • 1手目「5」プレイヤー2手目「10」の場合、「5・6・7・8」のストレート
    つまり「1手目+4」より小さい数字なら必ず成立役にプレイヤーカードが絡める

【プレイヤー3手目&以降全員CPUの場合の挙動】
(1)「より小さな数字基準でのストレートを仕上げるべく場より大きな数字を出す」方向性

  • 「8・9」に対して「10」〜「Q」→「8・9・10・J・Q」のストレート
  • 「8・9」に対して「7」→「7・8・9・10・J」のストレート
  • 「8・9」に対して「5」→「5・6・7・8・9」のストレート
  • 「8・9」に対して「8」or「9」→「8・8・9・10・J」or「8・9・9・10・J」のストレート
    ここまで3手目プレイヤーが役に絡める
  • 「8・9」に対して「K」以上or「4」以下→「8・9・10・J」のストレート
    3手目プレイヤーが役に絡めない

(2)ツーペアを目指す方向性

  • 「8・8」に対して「Q」以上か「4」以下→3手目の数字を重ねて2ペア成立(フルハウスは成立しない)
    *「8」を除く上記以外の数字の場合は(1)へ移行する

(3)フルハウスを目指す方向性

  • 「8・8」に対して「8」→8以外の数字を出してフルハウス成立を目指す

【プレイヤー4手目&5手目CPUの場合の挙動】
(1)「より小さな数字基準でのストレートを仕上げるべく場より大きな数字を出す」方向性
*プレイヤー3手目の場合と同傾向

  • 「5・6・7」に対して「8」or「9」→「5・6・7・8・9」のストレート
  • 「5・6・7」に対して「3」→「3・4・5・6・7」(「4」→「4・5・6・7・8」)のストレート
  • 「5・5・6」に対して「7」or「8」→「5・5・6・7・8」のストレート
  • 「5・5・6」に対して「3」→「3・4・5・5・6」(「4」→「4・5・5・6・7」)のストレート

(2)ワンペアツーペアを目指す方向性

  • 「3・4・8」に対して「7」or「9」→「3or4or7or8or9」でワンペア成立
  • 「3・3・10」に対して「3」「10」以外の数字→より小さな数字でのツーペアを成立
    • 「3・3・10」に対して「4」→「3・3・4・4」のツーペア
    • 「3・3・10」に対して「K」→「3・3・10・10」のツーペア
  • 「5・5・6」に対して「5」or「6」以外の数字→より小さな数字でのツーペアを成立
    • 「5・5・6」に対して「9」以上→「5・5・6・6」のツーペア
    • 「5・5・6」に対して「2」以下→出した数字を重ねてツーペア

(3)方向性が分岐する

  • 「3・3・10」に対して「3」→
    • 「3・3・3・10・10」のフルハウス
    • or「3・3・3・10・*」のスリーカード
    • or「3・3・3・3・10」のフォーカード(稀少)
  • 「3・3・10」に対して「10」→
    • 「3・3・3・10・10」のフルハウス
    • or「3・3・10・10・*」のツーペア
       ほぼ同確率で出現する
  • 「3・3・3」に対して「3」→
    • 「3・3・3・3・*(3以外)」のフォーカード
    • or「3・3・3・3・3」のファイブカード(稀少)

要検証:
2015年12月のどこかの段階で修正された可能性あり。
CPUがやたらとブタを出すようになっています。
2016年5月時点で修正されている。

コロシアム Edit

ダンジョン戦での補正に加えて、相手の場に出ているカードを参照する。
たとえば相手が「A・2・3・4・5」で自場が「2・3・4・5」まで出ている場合は、必ずAを場に出す。
また、相手カードのレアリティに合わせて選ばれる。
上記に加えCPUは早出ししてしまうという面を合わせて考えると、パーティにCPUがいる場合はプレイヤーはなるべく時間稼ぎを行い、後出しでCPUが有利なカードを選択するようにするのが良い。
なおコロシアムではこのCPUの挙動を利用するため「マッチング時間制限までに一人でもプレイヤーが現れたら抜ける」戦法を取る人もいる。


トップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-12 (月) 21:36:01
広告非表示機能付き/ユーザー還元型ウィキ無料 レンタルwikiゲーマーズwiki

サイト表示オプション

サイト横幅変更
右メニューバー追加
広告非表示
タイトル
メニュー
コンテンツ
広告
メニュー
(右)
Tips サイトのレイアウトを切り替える機能です
初期化
キャンセル
OK